男性婚活サポート!中央区銀座にある男性婚活に強い相談所~ライフツリー

無料相談・お問い合わせはこちら 【火曜定休日】10:00~20:00 03-3722-2213

若さと年収の交換について

若さと年収の交換について

2020.04.13


結婚相談所を運営していると、男女の求める基準にギャップを痛感します。

男性の場合は相手に若さを求め、女性は場合は、相手に地位と年収を求めます。

では何故そうなのか?

結婚をした場合、今ある環境が変化するのは女性の場合がほとんどなので、
その変化を最小限に留めたいので相手に年収(地位)というのを求めるのですよね。

男性は、子孫を残していきたいという思い等があるから、自分の年齢より5歳以上離れた
若い子を追い求めたいという思いが強いのかなと。

その部分で、相互の要望にミスマッチが生まれていると思うのです。

女性は、出産を前提に考えているので、産む子供の生活も考えてリアリストにならざるをえませんので、
年収にこだわる。

男性はその部分では負担は増えるといっても、やはり他人事の部分があるひともいるんじゃないかと思うんです。
そこは偏見な部分も含まれているかもしれませんので、私の考えということでご容赦いただきたいのですが、
子供を作った際にともに育てるという思いに対する真剣度合いはやはり異なってるんじゃないでしょうか?

とはいえ、将来を楽に暮らしたい為にお金持ちと出会いたいというひとは別です。

数年前 ニューヨークに住むある女性が「25歳の美人で性格も良い私ですが、お金持ちと結婚するにはどうすれば良いでしょうか」と掲示板に投稿し、
あるCEOが答えた話が大きな反響を呼び話題になったそうです。

この質問に対してCEOは私の年収は年々増えていきますがあなたの言う「若さという美しさ」は年々目減りしていくということです。
経済的な観点から言うと私は「魅力的な資産」ですがあなたは「値下がりする資産」それも急激に価格低落する資産であり、
結婚とは「長期保有」することだからあなたを資産と考えた時「短期保有」つまりレンタルで十分となります。

という投稿の内容だったそうです。

数値化して考えれば、男性側は若さに需要価値があるだけというふうに考えての発想ですよね。

そう思う方には結婚は難しいかなと。

そういったら、女性側も貴方の資産だけに需要価値があるわけですから。
この世の中ですもの、どんな大企業でもいつどうなるかも分からないわけですから
年収が年々増えていく未来がどこまであるのか・・

つまるところお金に群がってくるひとがいつまで貴方を相手してくれるのかしら?

この議論自体が結婚したいと考えるひとにはアンマッチじゃないかと思います。

結婚=共同生活ということを前提に考えるなら、自分の要望を全て相手が吸収するのは無理です。
生活とは妥協の産物。

つまるところは、結婚することとは、互いを支え合う気持ちがないと難しいということ。

私が会員の皆様にアドバイスするのは、互いに生活していけると思う方を探しましょうということ。
そこには年齢や年収の希望の先にある幸福感というものに違いがでてくるかと思うんです。

ですので、色んな方に出会っていただき、意中の方を探してもらいたいし、
そういう機会にして欲しいです。

出会いにより、今まで貴方が知っていた価値観とは違う人が出てくるかもしれませんし、
その方の考えと融合することで、知らない世界が見えるかもしれませんよね。

結婚とはそういうものじゃないのかしら。

いまに囚われないで、明日を見るきっかけの場にもして欲しいかな。